大学受験に備えて英語を学習【合格の道を切り開く】

中学で受験するメリット

勉強する人

一貫教育で将来にもプラス

私立中学受験には、大きなメリットとデメリットが存在します。まずデメリットですが、費用が思いの他かかることが第一に挙げられるでしょう。塾代や受験のための費用は、軽く見積もっても200万円を超える可能性もあります。もし無事に合格した場合は、これにさらに制服代や授業料のほか寄付金などが上乗せになるはずです。そのため中学受験する子供を抱える家庭は、貯蓄にある程度余裕がなくては支えきれないでしょう。さらにそれだけの費用を使って受験しても、必ず受かる保証はありません。また中学受験では、親も積極的に子供に協力しなくてはいけなくなります。塾の送り迎えや学校見学や面談など、パスできない場面が多々出てくることになると考えておくべきです。ただそれだけの負担があっても、将来のために挑戦しておきたいのが中学受験です。特に難関校の学歴ほど将来にはプラスになりますから、受験しておいて損はありません。たとえば東京六大学の受験では、公立高出身者より中高一貫教育の難関私立校の方が圧倒的に合格者数が違います。これは、私立校が文科省の指導要領の制約を受けないのも影響しています。本来なら六年かけて学ぶものを、それより短い時間に集約して学べるのは私立の一貫校ならではです。今後の大学受験を考えても、一貫校での教育カリキュラムで学ぶのは大きなメリットになるでしょう。それだけでなくスポーツや留学など、勉強以外の分野でも恩恵を受けられます。子供の今後を大きく左右することからも、これらの要素を冷静に比較して中学受験を考えることが大切です。