大学受験に備えて英語を学習【合格の道を切り開く】

面接で受かるポイントとは

ウーマン

受験勉強のひとつとして、面接対策は重要な役割を持っています。それは大学受験において、面接を取り入れている学校は生徒の考え方やポテンシャルの評価に大きな比重を置いているからです。これは学校の指導理念に適する生徒を集めたいという願望の現れでもあります。問題なのは面接対策は、生徒それぞれに異なるということです。万人に共通するような模範解答など無いので、生徒は自分の頭で考える必要があります。そこで、面接対策として押さえておくポイントには、まず何故その学校を選んだのかを明確に答えることが挙げられます。その内容として、まず学校が掲げている理念を理解していること、そしてそれは自分の理念に共通することを説明することになります。何故その理念に賛同できるのかを、自分の過去の経験と照らし合わせる形で述べることも大事です。次に自分がどんなことに挑みたいのかを述べる必要があります。つまり学校に入学してからは、どんなことに取り組むのかをアピールするわけです。ここで学習に対しての高い意欲を印象付けることができます。そして面接対策としてもうひとつ大事なことは、これまでどんなことにチャレンジしてきたのかを述べることです。それが成功しても失敗しても、どちらでも構いません。目標を立てて何かにチャレンジしてきた経験を語ることが必要なのです。これは自身で日常の中から色んな気づきを得て、その結果興味を抱いたことに対して意欲的に取り組めることをアピールするものとなります。