大学受験に備えて英語を学習【合格の道を切り開く】

大学

いろいろなタイプがある

専門学校にはいろいろなタイプがあり、それらをきちんと理解した上で進学先を決めるのが大切です。ちなみに、専門学校と言うと医療系や美容系が一般的でしたが、最近ではサービス業向けのスクールなども増えています。

勉強する人

中学で受験するメリット

中学受験は、費用面や準備で親が負う負担が多い部分があります。ただ大学進学の際に中学受験は大きく影響するので、それにチャレンジしておいて損はありません。しかも公立ではできないカリキュラムで勉強できるので、難関を目指す方ほど得られるメリットは大きいはずです。

将来に向けた準備

英語

まずは大学へ

大学受験を控えて、しっかりとした受験対策を行っていく方法としては、どこの大学を受ける場合でも、英語の基礎をしっかりと定着しておくことです。特に、高校三年の夏休みまでには基礎問題のミスをなくし、大学受験に必要な最低限の語彙を身に付けておくことで、その後の勉強がスムーズに進みます。大学受験の英語はこれまでの文法、慣用句、読解、英作文が中心になっていましたが、リスニングやスピーキングなどの比重が増してきており、会話力を向上させるトレーニングも必要になってきます。これらは一朝一夕に身に付くものではないため、ラジオ講座などを利用して、少しずつ継続していくことが大切です。これらの知識を身に付けた上でその力試しをする上でも、予備校の夏期講習に参加しておくことは、大学受験に挑む上でかなりのプラス効果があります。自分の弱い部分や、勉強の進め方が間違っていなかった部分を講習、問題を通じて知ることができます。予備校では、それぞれの進度、実力にあった講習を開いていることから、さまざまな場面で自分の今の英語力を知ることができます。英語は比較的その時の問題によって成績が変動しにくい科目であり、その時の実力がそのまま出がちです。そのため、触れ合う問題の理解度で自分の実力がはっきりわかることから、予備校へ行く意味は大きいのです。それがわかれば、あと半年ですべきことがはっきりとわかり、モチベーションを上げて頑張ることができるのです。

ウーマン

面接で受かるポイントとは

受験勉強のひとつとして、面接対策を立てることは極めて重要なことです。面接を行う学校は、そこで生徒の考え方や行動力などを判断しようとするからです。そのためにはまず、その学校を選んだ理由と、そこで何をしたいのかを明確に述べることが必要となります。